1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 開発履歴

事業案内

導入実績


2014年10月 ・睡眠状態取得システム、テスト開始
2014年9月 ・睡眠状態取得システムの検討
2014年7月 ・野毛病院の光回線、弊社との常時VPNについての調査
・受信FAX分類ソフトの検討、サンプル実装
・検査室電送データ流し込みシステムの試用開始
・検査室入力データと保健科学電送流し込みデータとの比較ソフト実装
2014年6月 ・検査室電送データの解析
2014年5月 ・検査室電送データ流し込みシステムの説明、設置
2014年4月 ・検査室入力プログラムのサンプル実装
2014年3月 ・検査室入力内容の表示プログラムの検討
・睡眠状態取得システムの検討
2014年2月 ・検査室電送データから、半自動でデータベースにアップロードするシステムのサンプル実装
・検査室入力データと電送データを比較するソフトのサンプル実装
・レントゲン照射録の機能追加の実装
2014年1月 ・Android端末で体温計画像認識を行うシステムの検討
・検査室電送データから、半自動でデータベースにアップロードするシステムの検討
・検査室入力データと電送データを比較するソフトの検討
・レントゲン照射録の機能追加
   
2013年12月 ・小児科対応(OpenDolphin1.4.7)薬剤用量作成
2013年11月 ・検査電送データからPostgreSQLへのアップロード(データ取得方法の確立)システム作成
・検査室入力プログラムの評価を受け、修正等
・入院患者さんの運動分析
・小児科対応(OpenDolphin1.4.7)小児科診療に関する修正
・小児予防接種のweb上表示・印刷を可能にするソフト開発
・PHPソフトの開発にNetBeans用いる方法の調査・報告
2013年10月 ・運動分析(睡眠状態確認も含む)を行うセンサーの調査など
・電送データ(AnaPOB)からテーブルに変換するためのソフト作成
2013年9月 ・OpenDolphin-2.3.8m-Nの入院対応に関する実装の検討
・入院患者さんの排泄を知らせるシステム仕様作成
・検査室関連(電送データを院内データベースに取り込み)
2013年8月 ・OpenDolphin-2.3.8m-Nの入院対応に関する検討
・Informix JDBC接続の調査
・検査室入力(informix)データを保健科学データと比較するツール作成
2013年7月 ・OpenDolphin 1.3→1.4の更新を、1.4→2.3.8m-Nに移植の検討
・検査室入力プログラム開発指導
・7セグ画像読み取りソフト
・野毛病院で使用するPDAの調査
2013年6月 ・外来グラフ関連実装(HbA1cのJDS,NGSP対応)
2013年5月 ・検査室入力プログラム開発指導。医療情報部を指導しながら実装。
・検査オーダー、検査オーダー予約作成
2013年3月 ・受信FAXファイル名変換ソフト作成
   
2012年12月 ・画像、PDFのDICOM化について、調査し、開発
2012年11月 ・検査室のinformixサーバーの設置、動作確認、実稼働まで
・画像ファイルのDICOM化を行うシステムを開発
2012年10月 ・OpenDolphinで参照する共有ドライブ(SAMBA)の文字化け対策
2012年9月 ・informixについて、引き続き調査、サーバー構築
・照射録(Web版)についての指導
2012年7月 ・HKK検査結果取得プログラムについて実装
・zabbixについて、野毛病院様にサーバー構築、利用方法の指導
2012年6月 ・検査室で利用しているinformixについて、マシン、ソフトとも購入し、最新のものにリプレイス
・検査室以外で使う4プログラムについて、PostgreSQLを利用したWEBプログラムに移植
2012年5月 ・informixサーバーについて、postgreSQLへの移行を検討
・JPEG-DICOM化について検討
2012年4月 ・OpenDolphinを複数科受診に対応
・zabbixサーバーを弊社内に試験構築
2012年3月 ・Zabbixによるサーバー管理について調査
2012年2月 ・トリガー機能を利用し、データベースアクセスの高速化。
2012年1月 ・書籍の電子化について、実験、調査報告作成。
2012年1月 ・診療プログラムから、身長体重、看護計画の分離、 FireFox対応。
   
2011年12月 院内処方箋のサンプル作成。
2011年11月 OpenDolphinでカルテのバックアップ(PDF化)機能追加。
2011年11月 院内処方箋の仕様作成。
2011年9月 温度板入院期間考慮版開発。
2011年9月 睡眠中入力アプリ作成。
2011年7月 Eclipse + GWTプラグインを利用して作成されたプログラムを、
Netbeans + GWTプラグインで開発するための環境構築。
2011年6月 外来板にドクター名を表示するための開発。
2011年6月 食事量まとめうち入力、バイタル入力の開発。
2011年6月 ドクター別診療患者数表示アプリの開発。
2011年5月 排泄入力のWeb化の指導。
2011年5月 Tomcat + JSFによるWebアプリ開発の指導。
2011年5月 食事量入力のWeb化開発。
2011年3月 患者予約状況表示ソフトの開発、リリース。
2011年1月 人工呼吸器(VELA)のデータをPCに取り込むソフトの開発。
2011年1月 カード認証システムのWindows7対応。
   
2010年6月 検査オーダー作成。
2010年6月 HTML5で画像描画のテストプログラム作成。
2010年6月 OpenDolphin-1.3.0.1nリリース。
2010年4月 ORCAサーバー、OpenDolphinをubuntuで立てる。
2010年3月 web上でOpenDolphinのカルテを閲覧するソフトを修正。
2010年1月 無線LANルーター、IEEE 802.11nの実測通信速度調査。
   
2009年12月 VPNで遠隔地のJBOSSサーバーに接続できる事を確認。
2009年12月 OpenDolphin関連、
1.3.0をベースに、1.3.0.1相当の修正、1.3.0.1mの一部修正、
病院向けに必要な機能を実装した、1.3.0.1nを開発開始。
2009年11月 ナースコール情報取得システムweb上で、
コールの履歴を見る、NS_CallViewerを作成
2009年11月 OpenDolphin関連、Localサーバーでの環境構築。
2009年10月 GWT(Google Web Toolkit)関連の開発環境整備。
2009年10月 ナースコール情報取得システム、コール状況表示ソフト作成。
2009年9月 ナースコール情報取得システムに患者メモ作成ツールを追加。
2009年8月 病棟オーダリングソフトを改良し、各病室のベッド番号も付加し、
誰からナースコールがあったかわかるようにするため、
病棟、病室、ベッド番号入力ソフトをリリース。
2009年7月 GINA(Windowsログオン画面)で
ネットワークの状態を表示するソフト作成。
2009年6月 テキストデータを取得し、
postgreSQLデータベース形式に変換し、 書き込むソフトを作成。
2009年5月 ナースコール情報取得システムリリース。
2009年4月 焦電センサーの実験。
2009年4月 無線LANのセキュリティー関連、対応製品などの調査。
2009年3月 各種センサー情報取得システムの調査完了。
2009年3月 もとぶ野毛病院工作室の立ち上げ準備。
2009年1月 Willcom版外来問診入力ソフトリリース。
   
2008年12月 CT、レントゲンなどの画像に、医師の所見を書き込むWebアプリ、
画像所見書き込みソフトをリリース。
2008年10月 VPN運用開始。
2008年8月 各種VPN方法の調査、実験。
2008年7月 MS-WordからシンプルなHTMLに変換するソフト リリース
2008年7月 バランスWiiボード利用の体重測定、メインソフト リリース
2008年7月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、バイタル入力ソフト(機能縮小版)リリース
2008年7月 薬剤添付文章収集ソフト リリース
2008年6月 バランスWiiボード利用の体重測定、接続ソフト リリース
2008年6月 ディレクトリを再帰的に検索するソフト リリース
2008年4月 PC版薬剤検索ソフト リリース
   
2007年11月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、入力パネル部品 リリース
2007年8月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、ラウンチャーソフト リリース
2007年8月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、睡眠入力ソフト リリース
2007年7月 図書検索(国会図書館NDLより書誌データ取得)ソフト、設定
2007年7月 図書検索ソフト、クロネコブックスページから書誌データ取得
2007年6月 図書検索(国会図書館NDLより書誌データ取得)ソフト、ID割り当て
2007年6月 図書検索(国会図書館NDLより書誌データ取得)ソフト、マスター作成
2007年5月 外来問診入力Willcom版試作
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、排泄入力ソフト リリース
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、身長入力ソフト リリース
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、バイタル入力ソフト リリース
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、食事入力ソフト リリース
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、再送信ソフト リリース
2007年5月 携帯端末 Willcom W-Zero3版、体重入力ソフト リリース
2007年4月 司書ソフト調査
2007年4月 野菜販売管理システム
2007年4月 ORCA関連調査、実験
2007年3月 バーコード調査、実験
2007年2月 無線LAN調査、実験
2007年2月 源氏語彙検索、Perl→PHPに移植
2007年1月 iHorb実験
2007年1月 Willcom関連、技術仕様書作成
   
2006年9月 i-appli版バイタル入力ソフトとWillcomバイタル入力ソフトの統合
2006年7月 XML、SOAP関連調査
2006年6月 M1000調査、実験
2006年5月 携帯電話i-appliによるバイタル入力ソフト リリース
2006年4月 Subversion、WebDAV調査
2006年1月 Passage Duple調査
2006年1月 病棟オーダー確認ソフト(PHP) リリース
   
2005年12月 TRONの実験
2005年12月 まもりん(for 野毛病院)データベース書き込み版 リリース
2005年11月 Debian sargeインストール検証
2005年8月 まもりん(for 野毛病院) リリース
2005年8月 まもりんを利用したPC利用者一覧機能 リリース
2005年1月 WideStudio調査
2005年1月 zaurus(Qt)を利用した病棟別身長体重入力ソフト リリース
2005年6月 まもりん(ICカードによるPCのセキュリティーシステム)リリース
2005年2月 Qtザウルス身長リリース
2005年2月 Qtザウルス体重リリース
   
2004年12月 Qtザウルス病棟バイタルリリース
2004年10月 スクロール機能付き温度板リリース
2004年8月 外来ザウルスリリース
2004年7月 外来ザウルス作成開始
2004年6月 Palm時刻記録用アプリケーションリリース
2004年6月 QTザウルス版血糖、排泄、食事、O2SAT、バイタルリリース
2004年5月 QTザウルス版バイタル、食事量リリース
2004年4月 i-アプリ訪問看護用ソフト作成開始
2004年2月 Java開発環境の調査(Eclipse VE)
2004年2月 産婦人科向けバイタル作成
   
2003年11月 ザウルスQt開発開始
2003年10月 Eclipse調査利用開始
2003年7月 ICカード版タイムカードソフト作成
2003年7月 i-アプリ画像赤外線送信テスト
2003年6月 Debian/WOODY3.0によるイントラサーバー構築
2003年3月 エミット(タイムカード)のバーコード化
2003年2月 外来用Zaurusプログラム試用版作成
2003年1月 入院用Zaurusオーダー看護記録作成
2003年1月 入院用Zaurusプログラム及び転送プログラム作成
2003年1月 バーコードによるレントゲン画像管理ソフトリリース
2003年1月 BROBA導入(ネット会議の試み)
   
2002年12月 54Mbpsの無線LAN導入
2002年11月 日医標準レセプト(ORCA)構築テスト
2002年9月 Zaurus(SL-A300)によるモバイル端末プログラム(Java)作成
2002年8月 バーコードによる在庫管理ソフト試用版作成
2002年8月 携帯javaアプリケーション開発
2002年7月 病院予約プログラム作成
2002年7月 温度板印刷プログラム作成
2002年4月 KSK作成ソフトデモ運転
2001年10月 KSK(ORCA対応レセコン開発)支援
2000年10月 ヒルデモアケアシステム導入(株)サミュエル様
2000年5月 当社東京事務所開設
2000年4月 Palmによる看護ノートの開発(JAVA)
1999年11月 I-modeによる往診応答システムの開発
(沖縄県医師会救急当直医)
1998年6月 「第10回 '98マルチメディアフェア沖縄」に出展
(沖縄コンベンションセンター)
1998年3月 HORB(IIOP)プログラミング、イントラネット温度板
Web-RDB間の連携技術の応用
(HORB-JAVA)
1997年 片方向リアル映像配信技術の研究
1997年10月 イントラネット電子カルテ開始
1997年7月 ザウルス6500(Adinnソフト開発)使用
1997年6月 「第9回 '97マルチメディアフェア沖縄」に出展
(沖縄コンベンションセンター)
1997年6月 タッチパネル方式開始(woddy4台)DOP(1台)
NT用エプソン(1台)購入
1997年6月 ライブカメラを森羅館にて開始
1996年11月 Perl CGIを使用したプログラム作成。
JAVAプログラミング開始
1996年11月 画像検査 Perl、CF、GF、Ecl、
ECG温度版(Windows版+イントラネット) 作成。
1996年11月 WindowsNT導入
1996年9月 野毛病院専用線接続(17日)
1996年7月 もとぶ野毛病院 ドメイン取得
(http://www.noge.or.jp/)
1996年6月 「第8回 '96マルチメディアフェア沖縄」に出展
(沖縄コンベンションセンター)
1996年5月 野毛病院WWWサーバー構築
1996年5月 JAVA使用開始(FreeBSD、DOS/V)
1996年5月 温度板試作(VB)
1996年4月 沖縄県医師会サーバー構築(日医医療システム)
1996年1月 V.Bによるソフト開発 リアルタイムカードメッセージ
勤怠管理ソフトV.B病院システム
(就業規則各部署マニュアル作文集) 等の作成
1996年1月 入院レセコン(Netware)
1996年1月 沖縄県で最初のインターネットカフェ  森羅館OPEN(25日)
(DNS,Mail,WWW)
FreeBSDによる各サーバーの立上げ
LAN型ダイアルアップにより沖縄地域ネットと接続
1995年12月 アルカディアシステム(Win3.1バージョンアップ)作成
windows95発売される
1995年8月 本部海洋祭でインターネット接続のデモンストレーション
1995年7月 野毛病院Compaq(Win3.1)を6台導入
1995年7月 ロータスノーツの導入
nogenet本部を発信
インターネット専用線接続(東京:www.genji.co.jp)
1995年6月 WWWサーバーを野毛病院内で構築検討
(ホームページ作成)=イントラネット構築
1994年12月 ケアプラン(DOS版)状態一括表示
ザウルス(3000/4000)テスト
1994年11月 外来レセコン(Netware)の導入
1994年11月 ケアプラン(Win3.1版)完成
1994年8月 ケアプラン(DOS/V)作成、状態一括表示作成
1994年4月 北部看護学校開校 HomePage作成
1994年4月 アルカディアシステム導入
1994年4月 ケアプラン(MS-DOS)作成
1994年 UNIXサーバー 導入
1994年 X線オーダー(Excel)病検オーダ入力(Excel)、処方箋、
1993年4月 レセコンのネットワーク化(SLIM/TCP)
1992年12月 沖縄県医師会にて電算室開設 Telnet接続
1991年1月 NEWS OS X−windows 導入
1990年5月 UNIXシステム(医師会病院)導入、
検診センターとrloginでデータ参照。
1990年5月 g-spilitの作成(古文単語自動分割プログラム=Cshell)
1990年5月 SIHSの改良 検査処方箋X線オーダー尿 等
1989年11月 源氏物語(雨夜の品定め)論文データ化
1989年11月 外来レセコン入力開始(社保と国保に分け2台で打込む)
1989年9月 入院レセコン入力開始
1989年8月 外来レセコンをスタンドアローンで試用
1989年5月 「パトグラフィー紫式部」作成 <夕顔〜> (一太郎)
1989年1月 BML検査データ電送
1989年1月 各データベースの構築及びソフトの充実
検査X線オーダーCBC処方箋 の作成
1988年12月 給与計算ソフト(Lotus123)の作成
ICD-9(C shell program) UP
1988年7月 検尿システム の作成
1988年7月 レセプト(InformixSQL版)
※試験段階で実用化されず
1988年7月 入院台帳(InformixSQL版)の作成
1988年6月 LAN構成 UNIX2台、FMR50 10台
E-mailの活用 一太郎V3.0 Lotus123 各部署配布
SIHSへのデータ打込み開始、
1988年1月 病院内のDATABASE はINFORMIXを使用
1988年1月 SIHSの開発
(ユニソフトと共同で看護を中心としたTOTALシステムの開発に取り組む)
1988年1月 旧データのコンバート(MS-DOS→UNIX)
1987年 UNIXによる病院内LAN構築準備
1985年 FM-16βを野毛クリニックに導入。
1985年 本部町でパソコンを馴染ませる会をつくり
先生や子供たちにパソコンに馴れてもらう
1985年 BASIC版レセコンの開発(ユニソフトと共同)
1984年 FM-8を野毛クリニックに設置し職員にPCと馴染んでもらう